前へ
次へ

紹介予定派遣という内容が注目

企業にとっては、繁忙期から閑散期まである中、過剰雇用してしまい、最終的にリストラ対象者を選定しなければならないなど、雇用に十分な対応策が必要なケースがあります。
ですから、閑散期は既存する社員だけでコア業務へ注力し、繁忙期にはフレキシブルにできる人材派遣会社と契約を交わし、人材をまわしてもらうことができ、利害得失もありません。
ボーナス(賞与)が年に2回ある企業、表彰制度もあるかもしれませんが、契約派遣にはありません。
しかし、スペシャリストとしてスキルアップが期待できれば、高時給が約束される可能性大です。
一定期間で更新ができないものの、営業という職業に就いていたのなら、次もそのノウハウ、知識、技術を持ったまま新しい派遣先に営業部を選ぶことでスキルアップが期待できます。
また、実際に仕事をしてみて自分の持っているスキルが役立つものか、転職に失敗しないミスマッチを防ぐことができ転職活動も有意義なものになります。
企業側は、繁忙期に助かるものの、一定期間の契約ですからノウハウを蓄積させることができないことも課題ではないでしょうか。
そのため、紹介予定派遣という内容が注目されています。

Page Top